法律相談について、17回目ですーー

 今日は 「法律相談(会議)の日程入れと会議当日」 についてです。

 

 

 相手との連絡をつける、かつ、調整が必要ですから、これは仕事に占めるウエイトは大きいといえます。

 会議の日程入れ の仕方、会議当日に押さえておきたいことは、

 

 ◎ 日程入れは、双方が適宜、開催を求め合うもの。

   毎回、依頼者に言われてからの日程入れはNGです。

   したがって、次回の打合せ日時は皆が集まった席で決めておくことが

  大切です。

 ◎ 依頼者のもとでの打合せは有用。

   いつも来て頂くのではなく、適宜、依頼者のもとでの会議は発見が

  あるかもしれません。

   依頼者の気が付かないものを見つけられることもあります。

 

 ◎ 事前資料を準備する期間を確保して日程を入れる。

  (資料整理メモ、内容証明書案、次回期日提出書面案など)

 ◎ 会議録を作る。速やかに作る。

  ・それが、主張書面などに活かせる。

  ・頼まれたこと、次回準備すべきものを記憶にとどめる。

  ・当事者の言い分や、事実の説明がふらつく場合があり、そのことが

   事案の把握に繋がることもあります。

 

 ◎ 依頼者が事前準備できる猶予期間をおいて、日程を入れる。

 ◎ 会議日程は、後々にしない、早い日へ入れることを心がける。

   後になるほど、会議日を入れにくくなるかもしれません。

   裁判所での期日の日程入れは、できるだけ準備期間を確保したいと

  思うのが弁護士です。自然と後々に期日を入れたくなるかもしれませ

  ん。

   もちろん、裁判所はその点弁護士の考えを知っています。

   あまり、その日は…とずらしていると、いきなり今度は、直近の候補

  日の確認を取ってくることもあります。

 

 ◎ 説明を十分にする。理解しているか否かを考えながら進行する。

 

 ◎ 依頼者の実情に沿った対応をする

    ・・・資料収集能力。文章能力。

 

 ◎ 聞き上手になる

   依頼者の情報から闘う材料を探すのですから、自由に話をできる雰囲

  気を作る。

   できるだけよいところを見て素直に褒める。

   知りたい事実を語ってもらえるように、適切な質問を絡める。

 

 ◎ 打合せは、十分な時間が必要

 ◎ 事態を十分に把握したうえで、会議進行

 

 

 

 ありきたりな話ですが、すべての会議に当てはまることかもしれません。

銀座ヒラソル法律事務所 

〒104-0061 東京都中央区銀座2-13-19 銀座アルカビル5階

​TEL 03-3547-3380